震災

熊本での震災では、多くの方々が亡くなり、まだ多数の方が避難生活をしております。


家が壊れ住むとこもなく、電気が使えない・水がない・食料がない状態であったりします。


ニュースを見るたび、涙が出そうになります。


東北の時もそうでしたが、助けてあげたい、なんとかしてあげたい、そんな気持ちは凄くあります。


ですが現実的に無理・・・。


とりあえずのとこは、見守ることしか出来んです。


はやく色んな事が、解決していくことを願うばかりです。


被害にあわれた方々に、お見舞い申し上げます。

チョコ

昨日は、バレンタインデイ。

カミさんにもらいました。

IMG_8574.jpg

20ヶ入り。

こじゃれたチョコよりは、こっちの方が好きです。

さすが、わが妻。

分かっとる。

決して、簡単にすまそうとしたなんて思っとりません(ハハハー)

まさかの12月 其の3(復活)

1454506969964.jpg

こんな診断を受け、入院生活が始まりました。

左腕は点滴、右手にもなんか?つけられ、心電図もつけられてました。

毎朝の検診では、「生年月日と名前言って下さい。手足・指は動きますかぁ」

と看護士さんに聞かれとりました。

やっぱ脳やでなんかな。


入院したのが22日やったんで、当然ですが一人ぼっちのクリスマス。

入院食のデザートの下に、

「MERRY・CHRISTMAS」

と書いた紙が置いたりました・・・。
(まだ食欲不振やったんで、食べれませんでした)


集中治療室におる間は、当然ながら携帯電話禁止。

なので、とりあえずカミさんに預けたりましたが、

てんや、わんや やったみたいです。

そこらじゅうからTEL。

仕事の事や今やっとる役の件とか、忘年会のお誘いなんかも(笑)

そのせいか、それなりに入院しとる事が知れ渡っとったんです。

心配ですぐに来てくれたTっちゃん夫婦には、色々お世話かけました。

その後も、T田夫婦やO橋夫婦もありがとうございました。

車関係でも多くの方にお見舞いに来ていただきまして、ありがとうございました。


体重はなんと8キロもやせて、カガミで裸の自分の姿をみた時、

「なんじゃこりゃぁ」

無題   

こんな感じでした(ハハハー)


ですが、日に日によくなってく感じやったんで、先生に無理言って年内で退院させてまう事に。

結局12月31日に無事?退院。

正月の間は、かなりおとなしくしとりました(自分なりに)

仕事初めもちゃんと会社に出て、あいさつ回りなど。

ただ、入院であまりにも落ちた筋力と体力。

それにふらつく頭と、まだまだ復活は先かと思っとりましたが、

最近、8割ほどは復活です。

退院して間もないころ、ある人に

「なんでも8割くらいがええんやて。あんたはなんでも150%で、やっとるでやわ」

そんな事を言われました。

今、8割り。

これを維持して、というか完全復活です。

多方面にわたり、ご迷惑とご心配をおかけしました。



そんな訳で、「まさかの12月」は完結です。



体もブログもボチボチでいきますんで、ヨロシクです!














まさかの12月 その2(入院)

CTの写真には、白い影がはっきりと写ってました。

「左脳のところに血栓が出来てます。これが脳と神経に触って、目まいと嘔吐を引き起こしたんだと思います。歳も若く血圧も正常なので、なかなか珍しいです」

と、言われた。

病名は 「左脳幹部出血・海綿状血管種からの出血」
(こうやって見ると、えらいこっちゃな感じです)

真っ先に思い浮かんだのが、

「よかったぁ、うつ病やなくて」

「・・・」

「待てよ、うつ病どころの騒ぎやない」

「このまま入院、えらいこっちゃ。もう年末やぞ」

「やらんとあかん事、ようけあるやん」

「そもそも、俺大丈夫なんか」

色んな事を思いながら、集中治療室へ連れてかれました。


この時、夜の11時半。


集中治療といっても、点滴だけ。

なぜかというと、手術すると障害が出る可能性があるし、そこまで深刻ではなかったためです。
(よかったんかな)


あまり寝付けず朝が来ました。

9時過ぎには一般病棟へ。

相変わらず目まいはありましたが、吐き気はだいぶんと治まってました。

自分の中では、「あと2~3日したら退院やわ」 と勝手に思っておりましたが、

先生に、「退院は正月明けかな」 アッサリと言われてしまった。

家族も、「帰ってくるな」 と。

決しておらん方がいいわけやないですよ(笑)

僕の性格上、帰ってくると動く事が分かっとるからです。

「あぁ、ツライ。早く普通の体に戻りたい」

そんな事を思いながら、入院生活が始まりました。


続く!

まさかの12月 その1(体調不良)

あけまして、おめでとうございます。

今年もヨロシクお願いします。

遅っ。

スポンサーサイトまで出ちゃいましたね。


これには、理由があるんです。

だいぶんと周りには知れわたったんですが(秘密にしてました)

実は、去年の12月の上旬から、体調を崩しておりました。

目まいと吐き気です。

最初は、だましだまし仕事をしとりましたが、そのうち歩くのもままならんくなってしまいました。

近くの病院に行ったりはしとったんですが、点滴うっても薬飲んでも全く変わらず。

気合いが足りんのやぁと、作業服に着替えて事務所まで行くものの、やはりダメ。

食べることもできずゲッソリ。

そのうち嘔吐が止まらんくなり、大きい病院へ。
(実はこの病院、10日前にも見てもらったんですが、そん時は耳から目まいが来とるんやないかと)

よっぽど救急車を呼ぼうと思いました。

が、まだ夕方で明るかったんで、カミさんに送ってもらいました。

夜7時をまわっとったんで救急で入ったんですが、駐車場から歩くことが出来ず車イスで病棟へ・・・。

診察では軽い症状に思われ、帰されそうに。

理由としては、意識あり、熱無し、血圧正常、血液検査正常、歳も若い?

「精神的からくる目まいもありますから」

と言われ、ひょっとしてうつ病、それやったらイヤやな。

めちゃくちゃ恥ずかしいやん。


するともう1人の先生がカルテを見て「CT撮りましょう」と言われ、CTと心電図を車イスで運ばれ検査。

そしてCTの写真を見た先生が、すぐにどこかにTEL。

その15分後にみえたのが脳外科の先生。

写真を見るなり

「伊藤さん、すいません。即入院で」

「マジかぁ」

そして集中治療室へ。



続く!