ハイエース修理

車屋にとっては、稼ぎ時?の年度末がやってきました。

もともとこの時期は、車検やら車販が多い時期。

いや多くないとあかんのです。

とりあえずは、忙しくしとります。
(儲かっては、いない・・・)


ハイエースバンの発進時エンスト(冷間時)と、エンジン振れ修理です。

IMG_8522.jpg IMG_8523.jpg

200系ハイエースディーゼルは、お決まりの症状です。

原因は、噴射ノズルと噴射ポンプ。

ノズルは、エンジンカバーをはずさんと、出てこんです。

IMG_8524.jpg  IMG_8525_20160208221245aa4.jpg

リンク品にも色々ありますが、今回は
IMG_8527.jpg  IMG_8526.jpg

DENSOを使用(安心)

ノズルをつけて、パイピングを取り付ける前に、今度は噴射ポンプの取替え。

IMG_8528.jpg  IMG_8529.jpg

なぜかというとポンプを取外すのに、パイピングを外すからです。

同時進行で作業。

同時作業は組み終わった後、もしエンジンが掛からんかったりすると、原因が分からんのです。

実は、こいつなかなか掛からんかったんです(汗)

必死こいて、プライミングポンプで燃料を引っぱり出したりました。

ようやく掛かりましたが、あれだけ振れとったエンジンがピタっと安定。

なんせ2つの作業やと、結構な金額なんでね。

治ってもらわんと。

エンジン掛かったのが夜やったんで、ある程度エア抜き(ラジエター)して、

翌日の冷間時にエンスト確認。

ノープロブレム!

すこぶる安定しとります。

次の日に、どうしてもというお客さんの要望に答えれましたわぁ。







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する